でべそは、うまくゲップさせてあげられなかったからかも

こんばんは、るーるーです。

うちの子は、生まれて少し経つとでべそになってしまい、病院で綿のようなものとテープを貼って、小さくしてもらいました。

そうするとでっぱりはなくなりましたが、皮膚は伸びてしまったので、それが見た目がシュッとしないのです。

わが子をでべそにしてしまった私が、新しくお母さんになる人に伝えたいこと

  • なんで泣いているかわからない時、それはゲップしてないから、おなかに空気がたまって苦しいのかもしれません
  • 授乳後、ミルク後には、げっぷさせるようにしないと、赤ちゃんが苦しくて泣いて、それででべそになってしまう恐れがあります
  • でべそになってしまうことより、泣いている原因がおなかに空気がたまっていることだと、わかってあげられないということは母親にとって辛いですよね。私も抱っこしても泣き止まなかったので私にはどうしようもないのかとい無力感でしたが、今なら、げっぷさせて!とわかります(それ以外にもいろんな理由はあるでしょうが、可能性の一つです)
  • げっぷさせるやり方は、「赤ちゃんを抱いて背中をまっすぐにさせる」、とか「肩に赤ちゃんを担ぐようにして赤ちゃんのおなかが肩にあたるようにする」とか言われました

ですが、ゲップさせることがとっても苦手な私でした。ゲップが上手な人に聞いてみた方が早いと思います。

それに赤ちゃんもゲップが苦手な赤ちゃんもいるようですが、だからといってゲップさせないと赤ちゃんが辛くなって、お母さんもつらくなってしまいます。

今は、でべそのわが子もかわいいなあ~なんて思っておりますが、赤ちゃんの時、おそらくおなかに空気がたまって苦しくて泣いていたのだろうと今思うと、悪いことしたなあと思っています。

何もかも初めてでわからなくて、途方に暮れているお母さんの役に立てればうれしいです。

途方に暮れる前に、市などの子育て相談に電話したり、助産師さんに電話したりして、教えてもらってくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す