ママとおばあちゃんは心がつながってるんだね

こんばんは、るーるーです。

5歳のわが子に私の祖母のことを話していたら「ママとおばあちゃんは心がつながっているんだね。きっと喜んでると思うよ」なんて言ってくれました。

そんな言葉をどこで覚えたの!?という驚きと、そうだったらいいな、という嬉しさで涙が出てきました。

私がどんな話をしたら、わが子がそんなことを言ったかと言うと・・・

私「ママのおばあちゃんは、今のじいじたちの住んでる家を建てたんだよ」

子「すごーい!」

私「建てたばかりの時はすごくきれいだったよ。それに、おばあちゃんはその家を大切にしてお掃除したり頑張ってたよ。だけど、ママが大人になるころには、おばあちゃんはあまり掃除もしなくなってきたんだ」

子「私のひーばあちゃんと同じだね」

私「そうだね。ママも最近お掃除やお料理が好きになってきたから、おばあちゃん喜ぶかな」

子「ママとママのおばあちゃんの心はつながってるんだね。きっとおばあちゃん喜んでるよ」

私「そうだね、ママもそう思う!」

子「腕がかゆい」

私が腕をマッサージしてあげると、すーっと寝てしまいました。

いったいさっきのはなんだったのでしょうか!何かを知っているようなわが子の言葉に驚きました。

ちょっとスピリチュアルかもしれませんが、子どもって、存在が愛そのもの、だなあって最近よく感じます。

そういう子どもが持っているものを潰さないように、これから育てられたらなあと思います。社会に出れば現実は難しいかもしれませんが。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする