Archive for the ‘メンタル・やる気アップなど’ Category

プリンセスソフィアは大人も大事なことが学べる素敵な物語

金曜日, 11月 30th, 2018

こんばんは、るーるーです。

アマゾンプライムに入会していると、

「プライムビデオ」

でいろんな動画を見ることができます。

アニメ、映画、ドラマなどいろいろ無料で見られるのですが、

「プリンセスソフィア」

も一部の話が見ることができます。

何日か経つと、また別の話が見ることができるので、子供に見せるのにちょうどよいです。

 

プリンセスソフィアを見せようと思ったきっかけ

口コミが良かったから

アマゾンのサービスである「プライムビデオ」では、口コミを見ることもできるのですが、

プリンセスソフィアの口コミが、とてもよかったのです。

  • 大人でも楽しめる
  • 深いストーリー
  • ソフィアの純粋さが大好き
  • 勇気をもらえる
  • 心温まるストーリー

           アマゾンの「小さなプリンセスソフィア」口コミより

私自身も気になっていたから

「プリンセスソフィア」が流行っていることに気が付いていて、どんな話なのか気になっていたからです。

そしてアマゾンで買う機会が多いのでアマゾンプライムに入ったら、プライムビデオも見れるということで、プリンセスソフィアを見ることができるようになりました。

プリンセスソフィアの「たのしいたんじょうび」というお話で学んだこと

「たのしいたんじょうび」のお話

プリンセスソフィアの誕生日のお話です。

楽しくなりそうだと思っていた矢先、ソフィアはトラブルに見舞われます。

そして、一日中、トラブルばかりが起こり、少し残念な誕生日となってしまいました。

落ち込んでいるソフィアに、魔法使いの人が、何かソフィアに喜ぶことをしてあげたいと思い、楽しい誕生日を過ごすことができる魔法をかけました。

しかし、その魔法は少し間違ってしまったのか、なんと

「楽しい誕生日を過ごせるまで何度も誕生日を繰り返す」

ことになってしまいました。

 

次の日、ソフィアはまた同じ誕生日を繰り返すことになりました。

しかし、起こることはだいたい同じですが、行動次第でトラブルを防ぐことができることもわかりました。

そして、ソフィアはトラブルを防ぐ努力をしていきました。何回も何回も・・・

 

そして、何回繰り返したかわからない誕生日に、やっとトラブルを全て防いで、

「完璧な」「何もトラブルが起こらない」

誕生日を過ごすことに成功しました。

「これで、もう誕生日を繰り返すことはないよね!」

とベッドで眠りました。

 

ところが、次の日もまた誕生日を繰り返していました。

なぜでしょう。

トラブルをすべて防いだのに。

 

ソフィアはトラブルが起きないようにしてばかりいて、楽しむことができていなかったのです。

「悪いことばかり起きている時に、どうやって楽しめばいいの?」

とソフィアは思いました。

 

けれど、いつも一緒のうさぎのクローバーが

「物事のいい面を見るようにしよう」

とヒントをくれました。

そして、ソフィアは、物事のいい面をみるようにし、

トラブルに見舞われても、楽しむ方法を見つけたのです。

物事のいい面を見るようにすれば、問題が起きても楽しむことができる

プリンセスソフィアの「たのしいたんじょうび」のお話では、

物事のいい面を見れば、いつでも楽しむことができる、ということを学ぶことができました。

 

私はだいたいいつも、問題が起きないように対処しようとしていましたし、問題が起きると困ってしまっていました。

だから、「いい面を見るようにすればいつでも楽しめる」という考え方がとても心に響き、これから私もそういう風に物事を見ていきたいなあと思いました。

 

本当に、今までの私は、

物事を完ぺきにこなすことがいい

という考え方でしたので、日々の生活がつまらないものとなっていました。

 

なぜ、私の生活は楽しめないのだろう

と、考えることもありましたが、よくわかりませんでした。

 

しかし、このプリンセスソフィアのお話こそが、

楽しむにはどうしたらいいか

のヒントをくれました。

 

物事を楽しむかどうかは自分の心の持ち方しだい

自分の心の持ち方次第で、日々を楽しむことができるようになる

ということなので、これから私はいい面を見るようにしていきたいと思います。

 

このプリンセスソフィアのお話を見て、「なるほど」と思った後も、なかなかすぐに気持ちの持ち様を変えることは難しいのですが、

だんだんと、できるようになってきた実感があります。

 

「問題を起こさないように生活するのが、なんと日々をつまらなくしていたか」

ということが、心に突き刺さるお話でした。

他にもプリンセスソフィアのお話には、学ぶことがたくさんでてきます

プリンセスソフィアのお話は、口コミにあったように、

大人にも心に響くお話がたくさんあります。

とてもおすすめなので、みなさん見てみてください。

※注意:プリンセスソフィアのDVDはいくつかでているようですが、「たのしいたんじょうび」の話が入っているDVDはまだないようです。2018/11/30現在

 

『脳がみるみる甦る53の実践』本のまとめ

水曜日, 3月 14th, 2018

こんばんは、るーるーです。

実家にあった本を借りたのですが、返さなくてはいけないので、メモしておきたいと思います。

『脳がみるみる甦る53の実践 脳のパターン別に「するべきこと」』米山仁啓著です。

帯には、これで死ぬまで元気!ボケない脳をつくるためにできることから始めよう!と書かれています。

衰えたり、活性化したりする基本的な脳のメカニズム

はじめに

  • 脳は使えば鍛えられ、使わなければ衰える
  • マンネリと新しいことのバランスを取るのが大事
  • 新しいこととは、未知の世界に挑戦する、苦手なこと難しいことをする、面倒くさいと思うことをする、しんどいと感じることをする

脳の仕組みと活性化の方法

脳に刺激を与える方法が書かれています。

前頭連合野→音読、計算、解釈、難解な思考

ブローカ野→言葉を思いつく、言葉を声に出す

運動野→手、指、足など体を動かす

頭頂連合野→不慣れな土地を旅する、ナビを使わず運転

体性感覚野→リアルなものに触れる

聴覚野→いろんな音を聞き分ける

ウェルニッケ野→言葉を理解しようとする

視覚野→見たことないものをみる、フォーカス機能を働かせる

1.脳を効率的に働かせるには歩くことが一番

脳を鍛えるには体を動かすことが手っ取り早くて有効。

体を動かす、特に歩くと脳に血液がいきわたり、脳全体が活性化する。

2.音読すること

音読は、内容をそれなりに理解していないとできない

自分の声を聞くことで、よく考えることや記憶の定着につながる。

イントネーションが正しいかどうか、意識してどんどん声を出していきましょう。

大きな声で歌を歌うと、腹式呼吸で血流がよくなり、脳に酸素が運ばれるのでとてもよい

3.アウトプットと同時に手で書く

手で書くとよく覚えるのは、体で覚えるし、書いた字を見ることで視覚的な刺激があるから。

ブログを書くのも、何か書くことはないかと脳が意識するし、ブログを書くことでアウトプットできるので脳に良い刺激になる。

4.指を使う

利き手と反対の手で日常の事を行うのも脳が活発になる

指先を使うとき、楽しいと思うことをすること

手を使う楽しい趣味を見つけてどんどん上達させるのが良い

5.感覚を研ぎ澄ませる

食べるときに目隠しをし、鼻をつまんで、何を食べているか当てるのは、とても脳の刺激になって良い。

歩くときも匂いの感覚を研ぎ澄ませるとよい

6.計画・戦略を練る

家事は、頭と体をまんべんなく使うという意味では理想的な動作。

特に料理することは、いろんな脳の分野を刺激し、とても脳に良い

7.発想を広げる

いろんな人のいろんな人生を見聞きすることが大切。落語、映画、歌舞伎、ミュージカル、など、登場人物になったつもりで楽しむと自分の発想が豊かになる。

8.ストレスを有効活用する

やる気を上げるうえで励みと感じられるストレスはいいストレス

良いストレスを利用する。一種の緊張状態と言ってもいい。緊張するとアドレナリンがでて、身体を活動的にしてくれて、脳にもよい。

しかし過度の緊張状態は悪いストレス

9.マンネリを打破する

家に閉じこもってテレビを見るだけというのが、最も脳を老化させる生活習慣。

毎日の繰り返しを少しでも変えてみるのがよい

例えば、道順を変えて目的地に行くこと、駅を一つずらして降りる、一本前の電車に乗る、バスを利用してみる、自転車で行ってみる

10.難しいこと、苦手なことに挑戦する

いつも難しいことに挑戦している人は、脳が快感を得ようと難しいことに自ら向かおうとするいい状態である。

外国語を勉強したり、苦手なカラオケの曲に挑戦するのもよい。

歌詞の意味を考えながら、情感を込めて歌うと脳の感情系も刺激できる。

11.新しいこと、面倒なことをする

面倒くさいと思うのは老化の兆し

面倒くさいことをまったくやらないと、老化の道をまっしぐら

どんなことでも、楽しみを付加させると苦痛ではなくなるので、新しいこと、面倒くさいことをどんどんやろう!

12.生活のリズムを作る

起きる時間、ご飯の時間、寝る時間は変えない方がいい。

規則正しい生活の中で、どれだけ新しくて刺激的なことをできるか考えるとよい。

脳が甦る53の実践

このパートは、上記12項目をどうやって日常に組み込むかをわかりやすく書いているパートです。この中で私がメモしておきたいものを書いていきます。

  • ラジオ体操をする
  • 朝にウォーキングする(いつも体を動かした方がいいですが、特に効果的なのは朝)
  • 笑うときに大きな声で笑う
  • アカペラで歌うと効果倍増
  • 俳句、川柳、短歌をたしなむのもいいし、声に出して読むことがいい
  • 話をまとめて書く。ポイントを絞ったりするのに脳を使うので
  • 手書きの手紙を書く
  • 機械を使わず手動でやってみる
  • 1時間に一度、目の中央で物を見るのではなく、目をいろんな方向に向けて物を見てみる。遠くを見るのもよい
  • ポケットに入れたコインがいくらか、触って当てたり、コインの表がどっちか当てたりする
  • ニュースを後で人に伝える前提で聞くと、より人の話の内容がよくわかるようになり、人との会話がかみ合わないということが減ってくる
  • 家事を家電を使ってもいいから効率的にやる。~している間に~しておくなど
  • 旅行を計画する。ツアーじゃなくて自分で計画すると脳の活性化
  • 気分が停滞しているときこそ思い切ったおしゃれをし、他人の目を思い切り意識してみる。おしゃれに興味がなかった人ほど有効
  • 人をギャグ、ダジャレで笑わせる
  • 映画などを人と一緒に見て、感想を話し合う。特に落語は映像がないので、脳をよく使うことになりおすすめ
  • しりとり。テーマを決めたしりとりもよい
  • 連想ゲーム
  • クロスワード、数独
  • クラシックを聴いて、情景を想像する
  • 大勢の人の前で話す
  • 数量に制約を課す 例)旅行の目的地をどこにするかというとき、アイデアを必ず20個出す!と自分にプレッシャーをかける。制約を受けている状態は一種の緊張感を生み出し、脳の血流が増え、脳が生き生きする
  • 締め切りをあえて作ってとりかかる
  • 時計、バッグ、服、靴など、いつもより2~3倍高いものを買ってみる
  • 旅行に行く。日本より海外の方が脳の活性に効果がある。時間がなければ日帰りでもいいし、制約の中でも旅行にはいこうとすればいける
  • いつもと違う店に行く
  • 環境を変えて音楽を聞いてみる。お風呂で、とか暗くして、とか
  • 普段聞かない音楽を聴く
  • デジタル機器は脳が休んでしまう
  • 地域の集まりに積極的に参加する
  • ボランティアをする
  • 2か国語のテレビ番組で英語を聞くとき、字幕をつけるなら音声を消す。音声を聞くなら字幕をつけないようにして、聞き取れる単語、知っている単語があったら声に出す
  • 消費税を暗算したり、計算しながら買い物かごに入れていく
  • ギター、ピアノ、初めての楽器を演奏する。新しい習い事もいい
  • コンビニで何でも買うのではなく、ペンを買うなら文房具店に行ったりすると、選べる選択肢が増えたり、感性を鍛えることになりよい
  • わからないことを調べる。外を歩くときは草花辞典を片手に歩く。知らない花があったらその場で調べる
  • 完璧主義の人の方が、終わった仕事に関心を持たないため、ひとつのことをやり終えるたびに関心が別のところにうつってしまい、記憶が完了して忘れてしまう。そういう意味で、仕事は中途半端にする
  • 脳にいい食べ物は、ピーナッツ、大豆、みそなどに含まれるレシチン。マグロ、すじこ、はまち、イワシなどに含まれるDHA

読んだ感想

私はとても面倒くさがりやで、やらなくてもいいことはしなくていいや!という考え方でしたが、それで脳が老化してしまうなんて!うすうす気づいてはいましたが、これからはどんどん面倒くさいことをしたいと思います。

脳が老化するのは嫌ですからね。

新しいこと、難しいこと、おしゃれしたり、声に出したり、制約を課して緊張感を作ることが大事なんですね!目もいろんな方向に動かして物をみたり!(ギロッ!笑)

面倒くさいことをやるメリットがこんなにあるとは!

むしろ面倒くさいことをやらないと脳が老化してボケまっしぐらなんて!

ここまでわかれば私もやる気がでましたよ!やってやろうじゃありませんか!

一つの事に専念するよりも色々やっていた方がやる気が出る

金曜日, 2月 10th, 2017

「フリーズする脳」という本を読んだのですが、この本によって私のもやもやした部分を解決され、日々を充実させていくことができそうなので、この本からもらったヒントをメモしておこうと思います。

「フリーズする脳」では、現代社会はボケやすい環境になっていて、普通の人でも若い人でもボケてしまう!そして、どうすれば脳の老化を防げるのか!ということが書かれていたと思います。

この本の中で自分にとってなるほど!と思ったところを自分なりに書いてみます。

1つの事に専念すればそれが飛躍的に伸びるかというとそうでもない

私は以前、仕事をしていたとき、こんなことを永遠にやっていていいのだろうか、と悩んでやめてしまいました。そして、他のやるべきことをやるんだ!やめてからやるべきことを考えよう、と思っていました。しかし、仕事を辞めてから、自分の必要な知識を得るために読書もたくさんしましたが、結局は家に引きこもり、運動もせず、ほとんど人とも話す機会もなく、ネットで遊ぶ時間が多くなり、ますますやる気が起こらなくなってしまいました。

私はあまりにも真面目ですぐに問題点に気づき、それが気になってストレスになってしまう(こういう人の事にも「フリーズする脳」は一部触れていましたが、今回書きたいことではないのでここでは書きません。)ことが多く、仕事でオーバーヒートしてしまいました。なので、いったん休むということが必要でしたので、私は仕事を辞めたことを後悔はしていません。

なぜやる気が起きないのだろう、私は以前は行動的だったのに、いつのまにかめんどくさがりやさんになっているのはなぜだろう。と考えていたのですが、この本に答えが書かれていました。

活動をシンプルにするとその方向に向かうベクトルがどんどん小さくなってしまうということが起こります。

二つ以上のベクトルがあれば、一方の活動で受けた刺激がもう一方の活動にむかうやる気を増幅してくれるそうです。

不満な環境にいることがやる気を作っている場合もある

やる気は環境によってつくられているので、その環境を離れたら消えてしまうかもしれない。

すべての面で満足のいく環境を整えたら、やる気が湧いてくるのかというとそうとは限らず、不満足な環境にいて、面白くない刺激を受け続けることがやる気を作っている場合もある。

仕事や育児などを続けることが、ボケないために必要なだけではなく、他の事に向かうやる気を出してくれる。

脳の活動を著者は歯車に例えて、

最初は週二日のアルバイトでもかまわないので、とにかく自分を回転させる環境を持つことが大切です。

基本回転数が落ちているときには、簡単なアルバイトですら大変に感じると思いますが、そのうちに回転数が上がって物足りなくなってくるでしょう。そうしたら、少しずつより忙しい環境に移っていけばいいわけです。

歯車というと、意思のない存在のように受け取られがちですが、自分を回転させるためにそこにいる、意思を持った歯車ならいいのではないでしょうか?

つまり、仕事することは人間が豊かな日々を送るのに必須だということですね。

育児していると、自分の時間がなくて何もできないなあと思っていたのですが、この本を読んで、育児をしていることが他の活動に対するやる気も引き出してくれているんだということがわかりました。

確かに、すべて自分の時間だった時には、「いつでもできるから」となかなか行動に移せなかったのですが、育児をしている今は、「あれもやりたい、これもやりたい」とアイディアが浮かんできますし、それに対する欲求の度合いも強くなっていると感じます。実際に、育児をしている今の方が、必要にかられてというのもありますが、読書の量が激増しましたし、編み物をしたり、見たいドラマやアニメを見たり、やりたいことも色々な種類の事をできています。

時間が限られているので行動しなきゃ!となりますし、そもそも育児をすると脳が活性化してうまく脳を使えている状態になっていっているのでしょうね。

育児で自分の時間がないという不満すら、いいものに思えるようになった

この「不満」というものも、やる気を出す作用があるのだということなんですね。よく考えればわかるようなことなのに、今まで思いもしませんでした。「不満=悪」だと思っていましたが、そんなことないんですね!すごいなー、私の価値観がだいぶ変わってしまいました!

忙しいことは、脳にとってはいいことなんですね!(でも、一日中パソコンに向かっているお仕事は要注意だということも書かれていました。そういう人は、散歩や、目を動かすこと、あまり慣れない人と会話することなどで、脳の偏りをなくしバランスよく使えるようにすることが大事などとも書かれていました)

忙しいことや、不満に感謝したくなりました!

この本が、私のやりたいことをやる人生を後押ししてくれる気がします。

能力を120%引き出す10の方法のまとめ

月曜日, 3月 28th, 2016

得意な方に目を向ける

BIGtomorrowという雑誌に載っていた能力を120%引き出す方法をメモ。

能力はあるのにうまく発揮できない人の特徴

・苦手なことを克服するのに力を入れて、得意なことに目を向けていない

・決めた目標を紙に書いていない

・自分には能力がないと思い込んでいる

・自分の強みがどこにあるかわからない

・できる人の表面的なまねしかしない

目標設定の仕方

・簡単にする

・なるべく数字に表す

・ちょっと頑張れば達成できることにする

・成果が測れるものにする

・時間を区切る

・起きてる時間の3割を目標達成のために使う

・一週間ごとのやることを決めたら、項目を点数化して記録する。100点を目指し、クリアできたら自分にごほうび(例)英語の目標ならレッスンを受ければ20点、自習は10点など

・やっても意味のないことをやめる

脳の力がどんどん低下する生活習慣

・一日中誰とも話さない

・ずっと仕事をしている生活

変化のない生活
脳の力を最大限引き出す1日の過ごし方
起床:手、足、口を動かす

1つの仕事をやり終える時間を決める
話す:自分の意見を積極的に伝えて、相手の否定的な意見に耳を傾ける

人の話を復唱する
飲みに行く:脳に新たな刺激を与えるため、いろいろな人と話す

就寝:早く寝る

3日間で「できない人」から「できる人」に変わるメンタルトレーニング

・心身の元気のためにプラスのイメージを保ち続けることが、行動に良いアウトプットを生み出す
朝:深呼吸を日当たりのいい場所で
出社:苦手な人とうまく接するには

人に対して苦手意識を感じる原因は、先入観です。できる限り相手を白紙の状態で見ると克服できる

苦手な人は赤ちゃんだと思うとよい
昼:マイナスイメージをプラスに切り替える

夢や理想楽しいことをイメージしてわくわくすると、疲れを癒して活力を生み出す

夜:1日に出会った人に感謝して寝る

ストレッチで体も心も柔軟にする

不況に強いこの資格。2010年得する資格

・中小企業診断士:経営・業務コンサルティングの専門家であることを証明する唯一の国家資格

・ITパスポート:初級システムアドミニストレータの後継資格

・ビジネス実務法務検定:コンプライアンスの基礎となる実践的な法律知識を身につけるのが目的

・日商簿記検定:管理職クラスに簿記検定1級を課す企業もある

・ECO検定(環境社会検定試験)

・メンタルヘルスマネジメント検定~すべての職種におすすめ

・経理・財務スキル検定~経理・庶務の人におすすめ

・ITパスポート

・情報セキュリティ検定

忘れやすい人のための暗記術

1.その日勉強した内容を寝る前15分振り返る

・テキストはなるべくみない

・思い出す努力をする

・思い出した内容をメモする
2.翌日、起きたら30分

・重要なところを音読→黙読
3.1週間後に90分

・重要なところ30分、細かい論点のチェック60分

4.その2週間後に微調整
5.その1ヵ月後に最終チェック

継続するには

1.集中できる環境づくり~物は極力置かない、部屋全体を暗くしてスポットライトにする

2.集中力が切れかかったら

・気分を変える イライラや不安→体を動かす

・モーツァルトを聞く

・焦りをつくる

・資格をとる理由を思い出す

敵をつくらず味方を増やす テクニック

1.交渉の基本は「相互満足」

2.5大テクニック

・小出しの要求を繰り返す

・ホームグラウンド法:自社で行い、自社の参加者を増やして行う

・ノーといいづらい簡単な要求から切り出す

・担当者の上司に訴えかける:担当者は権限を持ってない場合があるから

・「もしも~なら」と質問すると相手に抵抗を感じさせることが少なくなる
3.相手を手のひらで転がす悪用厳禁なテクニック

・相手を疲れさせて意のままにする消耗法

・小さな譲歩で大きな譲歩を得るフェイント法

・自分の限界をアピールして決定を迫る方法
4.交渉の前にやっておくべきこと
7つのステップ

・交渉目的と具体的目標の把握

・交渉項目の整理

・情報収集

・交渉の場の雰囲気作り

・対立した場合を考える

・妥協点と解決策を探る

・同意語の処置の確認

説得力を増す5つのテクニック

・数字・統計をうまく使う

・たとえ話を良く使う

・証言・証拠を効果的にはさむ

・実際にデモンストレーションする

・的確な実例・具体例を挙げる
交渉の流れ

・交渉の作戦計画

・関係作り

・合意のための折衝

・良い関係の持続

打たれ強い脳をつくる方法

今からでも弱い性格は変えられる。

脳回路のくせを変えるには、普段と違う行動をするだけ。くせが変われば性格が変わる
1週間で脳を変えるコツ

1.いつもと違うことをする。生活習慣や、通勤路など

2.簡単なことを1週間続けてみる

3.他人のいいところをまねてみる。性格的に近くて理想だと思える人をお手本にするとよい

4.口癖をかえる

5.小さな目標を持つ:達成すると自信が持てる

6.自分の失敗するパターンを意識してみる

7.小さな成功体験を積み重ねる