便秘解消の方法

便秘解消腸内環境もアトピーや肌荒れには関係があるみたいです。

私自身も便秘がちだったのですが、今のところ調子がいいです。

そんな私が気をつけていることや、テレビなどで得た情報を書きたいと思います。

ちなみに私がやってるのは、冷たいものを飲まずに温かいものを飲む、よく噛むこと、腸のマッサージくらいでなんとかなっています。

よく噛んで食べる

赤ちゃんは母乳を飲むときあごをたくさん使います。

その刺激もあって、赤ちゃんは毎日うんちの回数が多いのだ(母乳が消化されやすいこともあるが)と、助産師さんが言っていました。

だから、意外にもよく噛んで食べるということは、便秘の解消にもいいのです。

いろんな種類の菌を一度に食べる

最近見たテレビでは、チーズ、ヨーグルト、ぬか漬けなど、味噌、を一度に食べて、違う菌を摂取することで、菌が活性化し、腸も活性化するということがやっていました。

体と腸を温めるように気をつける

腸や体が冷えると便秘になりやすいので、冷たいものを食べたらあったかいものも食べる。

お腹が冷えると便秘になる→便秘になると体温が低くなる→体温が低くなると便秘がひどくなる、というマイナスのスパイラルに陥ってしまいます。これは助産師さんに聞きました。

お風呂に入るなどしてあっためる。冷え性を治す。

入院中、足湯ができる電動のグッズで足湯させてもらいました。すると体中暑いくらいに温まりました。その時病院で使っていたのはこのようなのでした↓

編集2018/5/21 リンク先の商品が変わって、画像がうつらなくなったようなので変更しました

決まった時間にトイレに入る

決まった時間に、したいと思わない時でもトイレで出そうと踏ん張ってみること。これは意外に効果あります。その時にでなくても、しばらくたつと行きたくなったりします。

食物繊維をたくさん摂る

これはいろいろ試しましたが、私が一番手軽で続けやすいと思ったのはコーンフレークです。コーンフレークはいろんな種類があって、商品の栄養成分表を見て、一食当たりの食物繊維の量が多いのを買えばいいと思います。
ただし、食べやすいのでついついたくさん食べてしまい、便秘は解消されたのに体重が増えてしまったという私の実体験もあるのでそこだけ注意ですw

腸のマッサージをする

これは林先生が出ている番組で見ました。

大腸の左上と、右下の部分がつまりやすいので、そこを同時に手でつかみ、にぎるようにマッサージすることで、腸が動き、便が出やすくなるそうです。

また、トイレに入って座ったとき、右手で左足の先を触るように体をねじる、逆もやる、というのもテレビで見ました。これもけっこう効果があるのでおすすめです。

どうしても出なかったら

どうしても出ない人は酸化マグネシウムなどの、あまり癖にならない便秘薬も役立ててとにかく出した方がいいです。

なぜなら、長く腸にとどまっているとどんどん便の水分が吸収されてカチカチになってしまうからです。そうすると出すのも大変になってしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す