放置していた肌に限界なので、スキンケアの基本を学んできた

こんばんは、るーるーです。

子どもを産む前引きこもり生活をしていた時から、肌の手入れを怠っていたので、どういう手入れをすればいいのか、すっかり忘れてしまいました。

もう、自分の肌が美しくなく、限界を感じたので、美意識をあげたり、知識を仕入れるため、化粧品店に行ってきました。

そこで、お手入れの基本を聞いてきたのでメモします。

ニキビを繰り返す私のやり方は何が間違っているのか

間違っていること

・肌を直接触りごしごし洗う

・化粧水は、コットンでふき取るだけ。しかも詰まった油を取ろうとごしごしふき取っていた。

・油分もニキビの敵だと思い、乳液は塗らず。

・夜だけ洗顔する

・シャワーのお湯で体を流すように顔に直接水をかけて流す

どうすればいいか

基本的に手で肌をこすらないことが原則!これ重要。次のステップどの場面でも、こすらない。触れるだけ、のせるだけ。

1.まずは、クレンジングで毛穴に詰まった皮脂を浮かせる。クレンジングもこすらない。

2.皮脂が浮いてくるまで少し待って、流す

3.洗顔料を泡立て、もこもこにして、それで、肌を直接手で触らないようにして、泡で洗う。

4.水を手ですくって顔にかけるようにして泡を流す。水はぬるく感じる温度

5.タオルで優しく水けをふき取ったら、化粧水を3回か4回にわけて少しずつ顔につける。

一気にたくさんやるより、より潤いがでる。化粧水をたっぷりつける、これが結構重要だということでした。

6.乳液や美容液を肌につける

このような感じで、今日からやっていきたいと思います。

こすらなくても皮脂や化粧品が落ちるクレンジングをこれから探していきたいです。

以上今日のレポートでした。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA