一人で楽しむより、子どもと一緒の方が楽しい!という発見

こんばんは、るーるーです。

今日は、私がドラムやリズムが好きなので、ドラムのショー「TAO」に行ってきました。

未就学児は入場できないので子どもは夫に見ててもらい、「気になるんなら見てきなよ」という夫の言葉もあり、行くことができました。

ショーはとても素晴らしいと思ったのですが、なんだかリズムに乗ることができませんでした。特に初めの方は・・。だんだんとみんなの息が合わさってきたような感じがありました。

あと、太鼓が和太鼓だということもあってか、リズム感がホールにぼよよーんと響いて体が動いてくることがなかったのでした。

叩いている方は本当にリズム感がいい人は、あっあの人!という感じでわかる気がします。そしてそういう人は、あまり何かを振り回したり飛んだりするのではなく、ずっと太鼓のリズムを取る役割をしていたと思いました。

だけど、いろんな和太鼓でのパフォーマンスの仕方や、どうしたら綺麗に見えるか、とか、どういうのをカッコいいと自分は思っているか、など勉強になりました。

衣装は、めちゃくちゃかっこよいし、女性の服は女性を綺麗に見せてくれるし、とっても良かったです。

あと、和太鼓はもしかしたら、屋内よりも屋外で叩いた方がかっこよく聞こえるのかもしれない、と思いました。

結局、私はどんなに素晴らしいものを見ても、現在2歳の子どもと離れていると子どもが気になってくるし、「今何時かな」など気になったり、あまり楽しくない、ということがわかりました。

そして、帰ってから子供にたっぷり愛情を注ぐことができました。

一人での息抜きの時間が必要だとよく言われますが、私にとっては外に一人で行く、ということではなく、毎日少しの自分の時間が取れれば、その他は子どもと一緒にいて色々経験するのが一番楽しいのかな、という結論に至りました。

このことがわかっただけでも、今日ショーを見に行ったことは良い経験だったと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA