一つの事に専念するよりも色々やっていた方がやる気が出る

「フリーズする脳」という本を読んだのですが、この本によって私のもやもやした部分を解決され、日々を充実させていくことができそうなので、この本からもらったヒントをメモしておこうと思います。

「フリーズする脳」では、現代社会はボケやすい環境になっていて、普通の人でも若い人でもボケてしまう!そして、どうすれば脳の老化を防げるのか!ということが書かれていたと思います。

この本の中で自分にとってなるほど!と思ったところを自分なりに書いてみます。

1つの事に専念すればそれが飛躍的に伸びるかというとそうでもない

私は以前、仕事をしていたとき、こんなことを永遠にやっていていいのだろうか、と悩んでやめてしまいました。そして、他のやるべきことをやるんだ!やめてからやるべきことを考えよう、と思っていました。しかし、仕事を辞めてから、自分の必要な知識を得るために読書もたくさんしましたが、結局は家に引きこもり、運動もせず、ほとんど人とも話す機会もなく、ネットで遊ぶ時間が多くなり、ますますやる気が起こらなくなってしまいました。

私はあまりにも真面目ですぐに問題点に気づき、それが気になってストレスになってしまう(こういう人の事にも「フリーズする脳」は一部触れていましたが、今回書きたいことではないのでここでは書きません。)ことが多く、仕事でオーバーヒートしてしまいました。なので、いったん休むということが必要でしたので、私は仕事を辞めたことを後悔はしていません。

なぜやる気が起きないのだろう、私は以前は行動的だったのに、いつのまにかめんどくさがりやさんになっているのはなぜだろう。と考えていたのですが、この本に答えが書かれていました。

活動をシンプルにするとその方向に向かうベクトルがどんどん小さくなってしまうということが起こります。

二つ以上のベクトルがあれば、一方の活動で受けた刺激がもう一方の活動にむかうやる気を増幅してくれるそうです。

不満な環境にいることがやる気を作っている場合もある

やる気は環境によってつくられているので、その環境を離れたら消えてしまうかもしれない。

すべての面で満足のいく環境を整えたら、やる気が湧いてくるのかというとそうとは限らず、不満足な環境にいて、面白くない刺激を受け続けることがやる気を作っている場合もある。

仕事や育児などを続けることが、ボケないために必要なだけではなく、他の事に向かうやる気を出してくれる。

脳の活動を著者は歯車に例えて、

最初は週二日のアルバイトでもかまわないので、とにかく自分を回転させる環境を持つことが大切です。

基本回転数が落ちているときには、簡単なアルバイトですら大変に感じると思いますが、そのうちに回転数が上がって物足りなくなってくるでしょう。そうしたら、少しずつより忙しい環境に移っていけばいいわけです。

歯車というと、意思のない存在のように受け取られがちですが、自分を回転させるためにそこにいる、意思を持った歯車ならいいのではないでしょうか?

つまり、仕事することは人間が豊かな日々を送るのに必須だということですね。

育児していると、自分の時間がなくて何もできないなあと思っていたのですが、この本を読んで、育児をしていることが他の活動に対するやる気も引き出してくれているんだということがわかりました。

確かに、すべて自分の時間だった時には、「いつでもできるから」となかなか行動に移せなかったのですが、育児をしている今は、「あれもやりたい、これもやりたい」とアイディアが浮かんできますし、それに対する欲求の度合いも強くなっていると感じます。実際に、育児をしている今の方が、必要にかられてというのもありますが、読書の量が激増しましたし、編み物をしたり、見たいドラマやアニメを見たり、やりたいことも色々な種類の事をできています。

時間が限られているので行動しなきゃ!となりますし、そもそも育児をすると脳が活性化してうまく脳を使えている状態になっていっているのでしょうね。

育児で自分の時間がないという不満すら、いいものに思えるようになった

この「不満」というものも、やる気を出す作用があるのだということなんですね。よく考えればわかるようなことなのに、今まで思いもしませんでした。「不満=悪」だと思っていましたが、そんなことないんですね!すごいなー、私の価値観がだいぶ変わってしまいました!

忙しいことは、脳にとってはいいことなんですね!(でも、一日中パソコンに向かっているお仕事は要注意だということも書かれていました。そういう人は、散歩や、目を動かすこと、あまり慣れない人と会話することなどで、脳の偏りをなくしバランスよく使えるようにすることが大事などとも書かれていました)

忙しいことや、不満に感謝したくなりました!

この本が、私のやりたいことをやる人生を後押ししてくれる気がします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す